壊れる前に修理を│自動ドアの事故を防ぐには

大規模修繕工事とは

ヘルメット

マンションのオーナーは住んでいる人が安心して暮らすことができるように、防水工事や外壁塗装などの大規模修繕工事をしないといけません。この工事を行なう業者は多いので、今までの実績などで判断して選びましょう。

More Detail

インターホンを変えよう

インターホン

マンションのインターホンが壊れてしまうと、エントランスの自動ドアが開かなくなるなどの問題が起きてしまいます。そのような事態にならないように、早めに業者に相談して新しいものと交換しましょう。

More Detail

自動ドアが壊れると

ドア

会社やお店だけでなく、病院などの公共施設で自動ドアを使用している出入り口が多くなっています。自動ドアにすることによって人の出入りをスムーズに行なうことができて、非常に便利ということで多くの企業や施設が取り入れているのです。確かに便利ですが何回も使用しているうちに、少しずつですが、動きが悪くなってしまいます。たくさんの人がその施設を利用するならその分早く異常が出てくるはずです。自動ドアが壊れると人がいても開かなくなったり、通っている途中でドアがしまるということが起きてしまいます。それが原因で怪我をするということがあるので、そのような事態が起きる前に修理業者に相談しましょう。修理業者ならすぐにドアを直して、今後どのようなことに気をつければいいのかアドバイスや、アフターサービスもしっかりしている所がありますので、すぐに調子が悪くなるということはありません。少しでも調子が悪いと感じたらすぐに業者を呼んで修理をしてください。壊れる前に定期的に点検をしましょう。点検も修理業者が行なってくれますし、点検なら修理よりも値段が安いのでお得です。点検して異常があればその場で直してくれるような業者に依頼しましょう。後日修理だとその間に事故が起きてしまうかもしれませんので、すぐに対応してくれる業者を選びましょう。自動ドアが壊れる原因は部品の劣化やゴミが詰まっているなどが関係していて、見ただけでは判断できないものばかりなので気づきにくいものばかりです。問題なく動いていても定期的な検査は必要ですので、万が一のことが起きないように気をつけましょう。

防火対象物点検をする理由

笑顔の作業員

防火対象物点検というのは、その建物が火事などの事態が起きた時に対処できるようにしているかを点検するものです。マンションのオーナーなどは義務付けられていますので、早めに点検をしてください。

More Detail